傷跡無しの施術

友人

たるんだ肌を改善するために、美容外科でフェイスリフトをしてもらう人は多くいます。そしてその中でも特に人気があるのが、フェザーリフトです。 フェイスリフトは、もともとはたるんだ肌を切除するという方法でおこなわれていました。洋服の寸法直しのように、余っている部分をカットすることで、たるみをなくすわけです。しかし肌を切除するわけですから、当然施術後には炎症が起こって腫れたり痛んだりしますし、傷跡も残ります。 一方フェザーリフトは、肌がたるんで沈み込まないように、細い糸で引き上げるというタイプのフェイスリフトです。切除しないので、腫れは少ないですし、傷跡も残りません。施術後にすぐにメイクをすることも可能なくらい、肌へのダメージが少ないのです。 フェザーリフトは、肌のたるみはもちろん、目立つ腫れや傷跡も肌に残したくないという人に適した整形術と言えます。

昨今では、フェザーリフトの施術の際に、ヒアルロン酸やボツリヌス菌の注射もあわせておこなう美容外科が増えてきています。ヒアルロン酸は、肌に潤いを与える美容成分で、ボツリヌス菌は、筋肉の動きを緩やかにする作用のある菌です。肌に潤いが与えられれば、ハリが出て乾燥によるちりめんジワができにくくなります。筋肉の動きが緩やかになれば、表情ジワができにくくなります。つまりどちらも、シワ対策として非常に有効なのです。 フェザーリフトによって肌のたるみが除去されても、乾燥すればちりめんジワができてしまうことがあります。表情を変えた時には、表情ジワが目立つこともあります。しかしこれらの注射により、そういったシワもできにくくなるわけです。より一層、顔を若々しくすることができると言えます。